アメリカ出身カナダ育ち、京都在住のギタリスト牧野博高のプロジェクト。 様々なバンド活動を経て2012年よりソロ活動開始。 カルロス・ニーニョのプロジェクトTurn On The Sunlight にギタリストとして参加。 LA出身のトラックメーカーMark Redito (Spazzkid)と共同で楽曲『At Fault』を制作。 2014年にアメリカから京都に旅行で訪れ、現在も滞在。

There is a fox is a music project of guitarist Hiro Makino started in 2012.

Currently residing in Kyoto, Japan after living in Canada and California for most of his life.

Collaborations include work with Mark Redito(fka Spazzkid) on the track “At Fault” and work with Turn On The Sunlight on the album “New Day”